月別アーカイブ: 2019年1月

北国の恵みの効果を実感できない意外な理由?

「北国の恵み効果を感じるためには、とりあえず続ける事が大事。」

というフレーズは北国の恵みを紹介しているサイトやブログではよくありがちですね。

ですが、よくよく調べて見ると、効果を感じるためにはそれだけではなくて、他にも大事な事があるようです。

その大事な事とは、ズバリ普段の食生活。

もっといえばアミノ酸が不足した食生活をしていると、北国の恵みの効果は実感しにくくなってしまうのではと考えられます。

理由は、北国の恵みで補給している非変性のプロテオグリカンにしても、非変性のⅡ型コラーゲンにしても、栄養の分類でいうとアミノ酸になるからです。

体の中でアミノ酸を必要とする箇所は、何も膝などの関節軟骨だけではありませんよね。当然ですが。

もし、普段の食生活でアミノ酸が不足していると、不足していなければ膝などの関節軟骨に使われていたアミノ酸が他の箇所に使われてしまう事がでてきてしまいます。

となれば、当然関節痛の改善は期待しにくくなってしまいます。

確かに、それでも北国の恵みを続けていけば、そのうちアミノ酸の不足が解消されていく事もあるかも知れないですが、それは少し遠回りな気がします。

だったら、最初から普段の食生活の中で、肉類や卵などアミノ酸がしっかりと含まれている食品をとり、そのうえで北国の恵みも飲んでいく、とした方がより効果を実感しやすくなるのでは、と考えられますよね。

アミノ酸にはアミノ酸スコアというものがあって、このスコアが高ければ高いほど、効率的にアミノ酸を摂取する事ができます。

アミノ酸スコアが高い食品として、動物性たんぱく質に多く含まれている事が多いんですが、それはどんなものかといえば鶏肉や豚肉、レバー、アジや鮭、カツオやイワシなど、肉類や魚類です。

北国の恵みの栄養が関節軟骨以外に使われるのを阻止するためにも、これらの食品を普段から摂ることがとても大切、といますよ。

アミノ酸の予備知識
アミノ酸っていったい何?と思われる人もいるかも知れないですね。

アミノ酸がどういうものかを知るにはたんぱく質の説明が少し必要なので、たんぱく質について少し解説しますね。

たんぱく質というのは、皮膚や髪の毛、爪や内臓、それに血液などを作り出すために必要な栄養素です。

そして、このたんぱく質はアミノ酸で作られているんですね。

つまり、アミノ酸がたんぱく質を作っているんです。

もっといえば、皮膚や髪の毛、爪や内臓、血液などはアミノ酸がなければダメだっていう事。

それだけアミノ酸は体には不可欠な栄養素になるんですね。